一般財団法人オープンバッジ・ネットワークについて

人材育成はデジタル技術の導入により大きく進化しています。スキル・コンピテンシー習得の証明として、さまざまな資格や試験、学位などでデジタル証明/認証(Digital Credentials-デジタルクレデンシャルズ) が利用されています。

オープンバッジはこのデジタル証明を世界標準規格化したもので、ブロックチェーン技術を取り入れた改ざんできない強固な教育・資格証明書として、教育研修分野に新たな価値をもたらします。

オープンバッジの特長

  • IMS Globalによる世界標準規格

    オープンバッジは、各団体からオリジナルの形式で出されたデジタルバッジとは異なり、世界標準規格化されているため、他のサービスと連携することができます。

    • -どこの団体で発行されたオープンバッジでも、ウォレットにまとめて管理ができる
    • -世界中でオープンバッジを共有することができる

  • ブロックチェーンで改ざん・偽造を防ぐ

    資格・試験・学位といった学習者のスキルと価値を証明するオープンバッジは、ブロックチェーンを活用したシステムで作られているため、信頼性の高い証明書を実現しています。

    • -証明や認定内容を偽造されることがない、オープンバッジの発行団体と受講者をつなぐ高い信頼性を実現

  • 学習者の意欲を高め、資格や認定の取得を促進

    取得したオープンバッジは、学習者がSNSやメール等で簡単に共有可能です。オープンバッジによって学習プログラムの修了と資格取得の意欲を高めます。

    一般財団法人オープンバッジ・ネットワークによる認定

    オープンバッジの発行団体となる各種資格・認定団体を、当財団が申請をもとに適格性を判断し認定致します。当財団が認定することにより、受講者にとって信頼できる発行団体であることを明示でき、発行団体としての信頼性と価値があがるばかりでなく、受講促進へと繋がります。

    海外のオープンバッジ活用事例

    オープンバッジは欧米を中心に海外で様々な用途に活用されています。 大手ITベンダー、専門職業資格、語学資格などの認定団体は、資格取得者にオープンバッジを数百万発行しています。資格取得者は電子履歴書、転職サイト登録、個人SNS等でバッジを提示し、キャリア証明に活用しています。企業内では、教育研修の修了者や社内資格取得者に対してオープンバッジを発行し、社員の学習意欲の向上やエンゲージメント、タレントマネジメントに活用している事例もあります。大学・学校・民間研究教育機関においても学内外の単位取得やボランティア活動への参加、セミナーやワークショップへの参加に対してバッジを発行し、スキル・コンピテンシーの証明に使っています。さらにはオープンバッジにより、特定あるいは横断的なスキルを有する人材の求人やオープンバッジ保有者同士の交流等への展開も見られます。このようにオープンバッジは雇用人材育成基盤においても新しい変化をもたらしています。

    一般財団法人オープンバッジ・ネットワーク 主な活動

    オープンバッジやデジタル認証に関する:

    • 世界における技術動向、活用状況、事例などの調査研究および情報提供
    • 日本および世界における普及啓発活動
    • 日本ならびにアジア地域の大学・教育研修団体・資格認定団体・企業内人財育成部門・公的機関などのバッジ発行者、バッジを取得した学習者、バッジ情報を利用し人材育成・活用・マッチングを行う企業などとの交流
    • 実際にバッジを発行するためのコンサルティングサービスを提供
    • バッジ発行団体の適格性認定

    イベント情報

    「オープンバッジ導入へのステップ」勉強会

    一般財団法人オープンバッジ・ネットワークは、オープンバッジならびにデジタル認証の世界における技術動向、活用動向などの調査研究を進めております。日本における人材育成、教育研修の高度化、スキル習得を加速させる一助となるオープンバッジを一緒に勉強しませんか?

    参加お申し込み方法

    お問い合わせ
    オープンバッジ・ネットワーク財団に関するお問い合わせ、ならびに、財団会員に関しましては、こちらからお問い合わせください。
    なお、こちらの「個人情報の取扱いについて」をご確認いただき、宜しければ「個人情報の取扱いについて」にチェックをして、内容を送信して下さい。
    フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
    送信